刑事事件では経験豊富な弁護士による示談交渉が効果的

刑事事件はスピード勝負

示談交渉警察が加害者の身柄を押さえる刑事事件では、時間が経つほどに不利な立場になってしまう可能性が高いです。検察が起訴を決定した後では、法廷でいかに刑罰を軽くするのかで対応するしかありません。刑事事件ではどれだけ早く被害者との示談を成立させるのかがポイントであり、検察側が具体的な処分を検討する時点で大きな意味を持ちます。民事事件のように時間をかけて交渉していく方法を選べないので、刑事事件専門の弁護士に任せるのが最も有効です。

留置場に閉じ込められると、外部との接触を極端に制限されます。決定的な証拠を多く集めるために、証拠隠滅につながる行動は全て禁止されるのです。しかし、有資格者の弁護士は、法律で定義された権利によって留置場にいる人間と面会(接見)できます。通常の面会では警察官の立ち合いがありますが、弁護士の場合は警察官がいない環境です。現在の扱いを伝えることや、外部にいる人間への伝言によって自分に有利な方向へ進めます。

法律の専門家が正式についているケースでは、警察の取調べでも扱いが全く変わる事例が多いです。自白の強要などの違法性が高い取調べを防ぐ意味でも、頼りになる弁護士がいた方が助かります。警察署という密室で進行する刑事事件の取調べに対抗するには、中立の立場にいるプロの力が必要不可欠です。

弁護士依頼のメリット

弁護士に依頼する最大のメリットは、関係者との示談交渉の代行です。加害者として逮捕されている状況では、検察が起訴するまでに被害者と和解することが求められます。経験豊富で法律の知識によって様々な問題を解決してきた弁護士に代行してもらえば、個人同士で交渉するよりもスムーズです。世の中には色々な人間がいるので、交渉に長けているプロにお願いすることで自分の身を守りましょう。

刑事事件の種類によって示談交渉のポイントが変わってくるため、個人でいきなり動くよりプロのアドバイスに従った方が賢明です。当事者の間で話し合うだけに、相手に時間稼ぎをさせずに適切な金額で納得してもらうことが必須となります。実際に刑事事件を担当している法律事務所では、24時間いつでもすぐに対応できる体制がよく見られます。

また、法律事務所の本店、支店の配置にも工夫が見られます。例えば、首都圏の刑事事件に強い弁護士だと、24支店を首都圏に配置し、元検事の弁護士の専門チームをつくって、いつでも弁護にいける体制を構築しています。(参考サイト:刑事事件に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉

無事に被害者との示談が成立すると、被害届の取り下げといった成果を得られます。検察が起訴する理由を大幅に減らすことで、合法的に不起訴にするのが弁護士の力です。全ての被害者と交渉することが困難な刑事事件では起訴されてしまう場合もありますが、それでも法律を根拠とした色々なサポートによって最善の結果になります。

示談によって不起訴にできるケースが多いので、加害者として警察に身柄を拘束されたらまず弁護士を呼ぶのが鉄則です。何も分からない状態から情報と差し入れを入手できる上に、即座に自分の立場を守るための行動を始められます。自分の権利を知らないまま警察の言いなりでは、取調べをしている刑事の考え通りに量刑が決まってしまうパターンになりがちだから要注意です。