刑事事件

少年事件ではまず少年を逮捕し、勾留期間最大20日程度で家庭裁判所に送致します。それ以降は少年鑑別所で4週間程度の観護措置を受けたり調査官の調査を行ったりして少年審判が行われ、保護観察や少年院送致や検察官送致が決まります。少年であること ...

刑事事件

示談に応じなければ刑事事件に

万引きをしてしまった場合、被害者である店舗側が示談に応じないと刑事事件となり相応の処罰をされることになります。万引きは窃盗罪であり10年以下の懲役または50万円以下の罰金となるため、弁護士は第一に被害者であ ...

刑事事件

刑事事件の流れを解説

刑事事件とは、個人が犯したと疑われる犯罪について、原則的には警察が捜査を行い、検察が起訴をして裁判所において主張立証を行い犯罪の有無と刑罰を確定していく一連の手続のことをいいます。刑事事件の流れとしては、まず犯罪が ...

刑事事件

執行猶予のメリット

刑事事件の裁判で刑罰を決めるものとして、懲役、禁固、そして執行猶予の3種類があります。懲役や禁固に関しては判決が確定すれば即刑務所に収監され服役することになります。一方で執行猶予に関しては文字通り執行が猶予されるもの ...

刑事事件

刑事事件と民事事件

刑事事件とは、窃盗や強盗、詐欺などの犯罪を犯したと疑われる者に対して警察が捜査し犯罪が行われたと疑わしいものを検察に送致し、検察が当該事案について有罪であると考えるものについて起訴し、裁判手続きの中で犯罪の有無と刑罰 ...

刑事事件

痴漢冤罪は起こりうる

満員電車に乗っているときに、痴漢だと間違われてしまうことがあります。日本の電車は通勤時は満員であることが多いため、誰にでも間違われる可能性はあります。実際、痴漢に間違われて逮捕されたという人は少なくありませんし、冤 ...

刑事事件

刑事公判とは?

裁判官、検察官、弁護士の法曹三者が一堂に会する場といえば、刑事事件公判が行われる裁判所の法廷です。検察官は被告人の犯した罪の事実を証明するために、弁護士は被告人の無実もしくは情状酌量の余地があることを証明するために、裁判 ...

刑事事件

検察官とは?

刑事事件が発生すると、基本的に刑事警察が事件の捜査を行います。警察が事件の被疑者を逮捕して取り調べた結果、被疑者が犯罪行為に関わった可能性が高く、軽微な犯罪でないと判断すると検察に送検します。ちなみに刑事事件の大半は警察が ...

刑事事件

犯罪を犯してしまった場合はもちろん。身に覚えが無いのに犯罪の嫌疑をかけられて捜査対象になることも無いとはいえません。そのときに対応の仕方を間違えると、特に仕事をお持ちの方は、思いもよらない不利益を被る可能性があります。そこで刑事事件捜 ...