刑事事件の流れ~逮捕から裁判まで~詳しく解説!

刑事事件の流れを解説

刑事事件とは、個人が犯したと疑われる犯罪について、原則的には警察が捜査を行い、検察が起訴をして裁判所において主張立証を行い犯罪の有無と刑罰を確定していく一連の手続のことをいいます。刑事事件の流れとしては、まず犯罪がある、そして犯罪者はだれであるということについて捜査機関である警察が知るところから始まります

それが犯罪捜査の始まりとなります。例えば強盗事件が発生した場合には被害者から警察に通報があり、犯罪の事実が発覚し、その後当該強盗罪を犯した犯人及びその犯人がその犯罪を犯した証拠を捜すということになります。そして、聞き込みなどの令状が必要とならない任意捜査を行うなどして犯罪を犯したと疑われる者が特定されてきた場合に、当該強盗罪の容疑で身柄を拘束する裁判所が発付する令状を取得し、当該者を逮捕します。

また、その逮捕する場所であった住居以外の場所に強盗に使った例えばロープや刃物などの器具があると疑われる場合には、その場所について捜索差押令状の発付を受けて、その場所で犯罪に使われた物を捜索し、差し押えます。そして、逮捕した場合には、まず、警察において留置され、取り調べが行われることとなります。

ただ、警察は身柄を拘束して48時間以内に検察に装置しなければならないという刑事訴訟法の規定があることから48時間以内にこの逮捕した者が当該強盗罪を犯した者かどうかを判断し、犯したと考える場合には身柄を検察に送致します。なお、犯罪の疑いがないと判断された場合には釈放されます。そして、検察においてもさらに取り調べ等を行います。

取調べは続く

この検察の取り調べは裁判において起訴した場合に、公訴を維持でいるか否かという観点から法律的に詰めた取り調べということになります。そして、検察においては、送致されてきたのちに24時間以内に当該強盗の疑いのある者について起訴するか、さらに捜査を詰めるために勾留請求を行うか、釈放するかの選択をすることとなります。

そして、勾留がなされた場合には、原則10日間さらに身柄が検察に拘束され、その中で起訴するか否かの判断を下すための取り調べ等が行われることとなります。その上で、検察が起訴するという判断を下した場合には、裁判の手続となってきます。裁判の手続においては、裁判所で検察と被告人及びその弁護人が争う事実等の整理を行ったうえで、冒頭手続が行われます。それは出廷した被告人が起訴状にかかれている者と同一人物か等の確認を行ったうえで、検察側が起訴状を朗読し、起訴した犯罪と求刑する刑罰を語るということになります。

そして被告人に対する黙秘権等の権利の告知が行われ、検察側と被告人側で犯罪の有無等について主張立証していくということとなります。この主張立証が尽くされたときには、結審し、判決の言い渡しへの手続へと移行していきます。このような捜査からの一連の流れの中で刑事事件は処理されていくことになるのです。