会社に知られたくない!痴漢で逮捕された

痴漢冤罪は起こりうる

満員電車に乗っているときに、痴漢だと間違われてしまうことがあります。日本の電車は通勤時は満員であることが多いため、誰にでも間違われる可能性はあります。実際、痴漢に間違われて逮捕されたという人は少なくありませんし、冤罪が起こりやすいとされています。しかし逮捕されてしまった場合、それが原因となって会社を解雇されることがあります。

そのため、まずは会社に知られないようにしながら、冤罪を晴らすことが大事です。痴漢だとして逮捕をされた場合、まずは警察で拘留されることになります。そこで取り調べを受けて、罪を認めた場合は逮捕ということになり、検察官に起訴されるか、もしくは不起訴になるのか取り調べを受けます。しかし罪を犯していない場合は、罪を認めることができませんから、すぐには逮捕をされません。

しかし警察も取り調べをするために拘留期限をのばそうとするため、心身ともに疲れを感じてしまいます。また家族などと面会したくても自由に連絡をとることができませんし、面会なども認められないことがあります。

そうなると会社に無断欠勤をしてしまうことになり、警察に拘留されていることがばれてしまうことがあります。罪を認めていなくても、警察に捕まったという話が会社に広がってしまえば、同僚から冷たい目で見られてしまったり、退職を余儀なくされることにつながる可能性があります

弁護士へ相談を

そのため、まずは罪を犯していないのであれば、弁護士に依頼をして釈放してもらうように手続きをとってもらうことが大事です。家族とは面会ができなくても、依頼をした弁護士とは面会することができますし、腕利きの弁護士であれば警察や検察と掛け合って、釈放許可を申請し認めてもらうことが可能です。釈放してもらうことができれば、家族に逮捕された経緯を話すことができますし、会社には休みを貰いたいという届け出を出すことができます。そしてその後は、弁護士としっかり話し合って、冤罪を晴らすことが大事です。

警察に痴漢で逮捕されたことは、警察から勤め先に連絡をあえてすることはありませんから、自分から話さない限りは知られることは少ないといえます。もし警察から連絡することがあるのであれば、弁護士に依頼して警察には話さないように言ってもらう、もしくは勤務先には連絡しないように話してもらうことができます。ただ逮捕された場合、マスコミに勤め先や名前などが流れる可能性があり、それが報道されると会社にばれてしまうことがあります。

しかしさいきんではニュースなどでは、よほどの有名人ではない限り、痴漢で捕まったからといって実名報道が行われることはありませんから、マスコミからばれる可能性は少ないといえます。勤め先に休むことを説明するとき、痴漢で逮捕されたからと言えば、解雇される可能性がありますから、体調を崩したという理由などで、長期休暇を取得し、無断欠勤はしないように気を付けましょう。