弁護士の腕が問われる大麻に関する刑事事件

薬物事件の中で一番特殊な扱いなのは大麻です。通常は薬物が体内から検出されたら使用の容疑で逮捕されてしまいます。しかし、大麻はしめ縄などに用いられており栽培農家も存在します。自然界で麻が存在するため、そこで吸引してしまうことから使用の容疑だけでは処罰できません。大麻取締法違反に問われて刑事事件になった場合、優秀な弁護士を雇うことが大切です。その背景には、場合によっては起訴猶予などを狙えることが挙げられます。覚せい剤の事件ではよほどのことがなければ起訴猶予にはなりませんが、このケースはその可能性が十分に考えられます。

起訴猶予処分になりやすい

大麻取締法違反で捕まり、起訴猶予になる可能性が高いのは被害者が存在しないためです。通常は被害者がいて、その人の処罰感情など様々なことが影響して起訴かどうかが決まります。薬物事件では当事者の処分よりも、その薬物をどこで手に入れたのかなどが重要です。そのために逮捕して入手ルートを徹底的に捜査します。常用しているということはそれだけ定期的に購入していることを意味しており、その場合は起訴されます。つまり、常用していないと認められた場合は起訴猶予処分になりやすいです

また大麻の所持している量が少ない場合も該当します。仮に容疑を否認された場合に、家宅捜査をしても発見されず関係各所を家宅捜索しても一切発見されないと実は誰かにだまされて持たされた可能性もあります。どれだけ調べても入手ルートなどが解明できない場合は公判の維持が難しいということで起訴猶予処分になりやすいです。他の薬物事件は使用の疑いがあればその罪だけで起訴できますが、大麻はそれができません。こうした理由もあって他の薬物事件に比べて起訴猶予になりやすいです。

弁護士の腕が問われるのは起訴されて刑事事件に発展する場合と起訴されるのを阻止して刑事事件化を避ける場合です。起訴された場合は執行猶予のついた有罪判決を勝ち取ることが重要です。そのためには家族などがバックアップし再発防止を約束することや二度とそんなことはしないと当人が宣言することなどが求められます。薬物事件はどの薬物でも初犯は執行猶予がつきやすいですが、これらのことをすることでより確実に執行猶予がつけられます。

起訴猶予を狙う場合は、常習性がないことをアピールするほかありません。量が少ないことや知らない人にたまたま渡されただけなどと主張し、それを裏付けるようなものが出てくれば確実です。家宅捜査されて次々に出てくるケースでは難しいですが、所持はしていたが使用は認められない場合もあるためそうした時は起訴猶予の可能性が出てきます。

弁護士に依頼すべき

もし逮捕された場合にはすぐに弁護士を雇うことが大事です。しかも、国選弁護人ではなく自ら弁護士を選んで雇うことが必要です。そうすることで起訴猶予なら起訴猶予、執行猶予なら執行猶予と本人が望んだ形で弁護をしてもらえるからです。再発防止はその後にじっくりと考えれば大丈夫です。

“薬物事件の中で一番特殊な扱いなのは大麻です。通常は薬物が体内から検出されたら使用の容疑で逮捕されてしまいます。しかし、大麻はしめ縄などに用いられており栽培農家も存在します。自然界で麻が存在するため、そこで吸引してしまうことから使用の容疑だけでは処罰できません。大麻取締法違反に問われて刑事事件になった場合、優秀な弁護士を雇うことが大切です。その背景には、場合によっては起訴猶予などを狙えることが挙げられます。覚せい剤の事件ではよほどのことがなければ起訴猶予にはなりませんが、このケースはその可能性が十分に考えられます。

大麻取締法違反で捕まり、起訴猶予になる可能性が高いのは被害者が存在しないためです。通常は被害者がいて、その人の処罰感情など様々なことが影響して起訴かどうかが決まります。薬物事件では当事者の処分よりも、その薬物をどこで手に入れたのかなどが重要です。そのために逮捕して入手ルートを徹底的に捜査します。常用しているということはそれだけ定期的に購入していることを意味しており、その場合は起訴されます。つまり、常用していないと認められた場合は起訴猶予処分になりやすいです。

また大麻の所持している量が少ない場合も該当します。仮に容疑を否認された場合に、家宅捜査をしても発見されず関係各所を家宅捜索しても一切発見されないと実は誰かにだまされて持たされた可能性もあります。どれだけ調べても入手ルートなどが解明できない場合は公判の維持が難しいということで起訴猶予処分になりやすいです。他の薬物事件は使用の疑いがあればその罪だけで起訴できますが、大麻はそれができません。こうした理由もあって他の薬物事件に比べて起訴猶予になりやすいです。

刑事事件に発展するのを防ぐ

弁護士の腕が問われるのは起訴されて刑事事件に発展する場合と起訴されるのを阻止して刑事事件化を避ける場合です。起訴された場合は執行猶予のついた有罪判決を勝ち取ることが重要です。そのためには家族などがバックアップし再発防止を約束することや二度とそんなことはしないと当人が宣言することなどが求められます。薬物事件はどの薬物でも初犯は執行猶予がつきやすいですが、これらのことをすることでより確実に執行猶予がつけられます。

起訴猶予を狙う場合は、常習性がないことをアピールするほかありません。量が少ないことや知らない人にたまたま渡されただけなどと主張し、それを裏付けるようなものが出てくれば確実です。家宅捜査されて次々に出てくるケースでは難しいですが、所持はしていたが使用は認められない場合もあるためそうした時は起訴猶予の可能性が出てきます。

もし逮捕された場合にはすぐに弁護士を雇うことが大事です。しかも、国選弁護人ではなく自ら弁護士を選んで雇うことが必要です。そうすることで起訴猶予なら起訴猶予、執行猶予なら執行猶予と本人が望んだ形で弁護をしてもらえるからです。再発防止はその後にじっくりと考えれば大丈夫です。